翻訳会社ティーベストは自信の価格(料金)とクオリティーでお客様に満足頂けるサービスをご提供

HOME > ご案内 > 機密保持方針

機密保持方針

株式会社スプリングヒル(以下、弊社)は、お客様との取引により知り得た機密情報を適切に保護し、管理する責任があることを経営上の重要課題として位置づけています。社内外すべてのスタッフに機密保持誓約書の提出を義務付け、情報セキュリティーに関しての社内体制を構築し、また随時改善をする事で適切な保持に努めています。

基本方針

■関係者の機密保持手続きについて
機密情報を翻訳するスタッフは社内または外部契約者の限られた一部の者で、不特定多数による取扱いは致していません。加えて全ての社員、パートタイム社員、及び登録翻訳者と機密保持契約書を締結しています。

1.正社員
機密保持誓約書
社内規定・就業規則

2.パートタイム社員
機密保持誓約書
パートタイム社内規定・就業規則

3.委託先翻訳者
業務委託契約書(機密保持誓約書の条文を含む)

■管理体制
情報セキュリティー責任者は代表取締役とします。
情報セキュリティーシステムの管理者は事業部責任者が担当します。社員に対してのセキュリティー教育を行い、弊社がどのようなシステムを構築しているかの説明とその意味を理解させる事でセキュリティー遵守に努めます。

■情報システムのセキュリティー対策
コンピューター・ウイルス、ハッキング(クラッキング)対策として以下の対策を行っています。

サーバー機器の管理
インターネット接続の管理(ファイヤーウォール、セキュリティーソフト(有償製品)の導入)
定期的なウイルスチェック及びウイルス定義の更新

■情報データーの取扱い
受け取ったデーターは担当者のみが取扱い、保存先は一つに統一し、データーのコピーを禁じます。印刷については必要数を制限します。
業務終了後は業務中により知り得た情報を、譲渡、開示、販売、漏えいする事無く、適切に処理をします。データーについては消去、紙については焼却、ディスクについては物理的に破壊することとします。

■機密保持契約書および情報セキュリティー体制報告シート
以下より、「機密保持契約書」及び「情報セキュリティー体制報告シート」のひな形をご確認頂くことができます。ご要望のお客様はお問い合わせくださいませ。

分野で選ぶ 言語で選ぶ その他のサービス ご案内