翻訳会社ティーベストは自信の価格(料金)とクオリティーでお客様に満足頂けるサービスをご提供

HOME > 言語で選ぶ > フランス語翻訳

フランス語翻訳

ティーベストのフランス語の実績

・広告代理店企業 由布島観光用パンフレット
・書籍出版企業様 志国高知龍馬ふるさと博 PR広告用文章
・広告代理店様 広島市観光用ホームページ文章
・大手文具メーカー様 超高引裂シリコーンゴム製品安全データシート
・金属加工・表面処理メーカー様向け アルカリ脱脂洗浄装置 操作マニュアル
・特許事務所様 特許文書(サイクロン式掃除機のダストカップに関する技術文書)
・包装及びボトル詰め機械メーカー様 PBTボルト製造用フロー成形機及びこれに関する設備売買契約書
・個人のお客様 アニメ専門雑誌記事(映画・時をかける少女)
・個人のお客様 論文(音楽家フランク・セザールの生涯とその音楽性に関する研究)

フランス語翻訳 価格表

●スタンダードとハイクオリティの違いはこちら >>
●スピード納期について詳しくはこちら >>

  激安スタンダード ビジネススタンダード ハイクオリティ
日本語→フランス語 フランス語→日本語 日本語→フランス語 フランス語→日本語 日本語→フランス語 フランス語→日本語
普通分野 10.5円 13.0円 16.0円 19.5円 21.0円 24.5円
専門分野 13.0円 15.5円 18.0円 20.0円 23.0円 25.0円
高等専門分野 15.0円 17.5円 22.0円 24.0円 27.0円 29.0円
スピードチャージ +3円 +4円 +4円 +5円 +5円 +6円
ミニマムチャージ 4,000円(急ぎの場合は5,000円) 6,000円(急ぎの場合は8,000円) 7,000円(急ぎの場合は9,000円)

※初回お取引の法人のお客様は上記価格より10%の値引きをさせて頂きます。
※英語⇔多言語の翻訳をご希望のお客様は随時見積り致しますのでご連絡くださいませ。
※急ぎの料金は、分量とスケジュールにより上記単価に追加が発生する場合があります。
※専門分野とは、経済、工業、金融など原文に専門用語が含まれ、翻訳に専門の知識を必要とする分野を指します。
※高等専門分野とは、特に高度な知識を必要とする法律分野、医療・医学・薬学の分野を主に差します。

フランス語とはこんな言語

世界で英語に次いで二番目に多くの国・地域で使用されている言語です。そしてその地域・国によってフランス語も微妙に変化します。特にカナダ方言(ケベック・フランス語)やフランス語系クレオール(英語とフランス語が混合した言語)などがありますので、翻訳の際には使用地域によって注意が必要です。

フランス語の翻訳は弊社でも多い部類に入り、簡単な言葉や文章で言えばお菓子のパッケージ用文章やキャッチコピーがあります。

お客様から「このフランス語はケーキ屋のキャッチフレーズなのですが不自然ではないですか ?」というようなネイティブチェックの問合せも頂くことがありますが、翻訳者からはたいてい「不自然、おかしい」という回答だったりします。

フランス語の代表的な特徴として名詞でも男性名詞と女性名詞の区分があることです。冠詞も名詞に合わせて変化をし、このあたりはネイティブでなければ自然な訳にならないことが多いです。

例えば
「コーヒーが好きです」と言う場合は、
J’aime le café.
会社の同僚に「コーヒー飲む?」ときく場合に、
Tu bois du café ?
カフェで「コーヒー下さい」と言う場合は、
Je prends un café.

何てことはない文章なのですが、実はこの冠詞の使い方が非常に難しいのです。英語にはない、「部分冠詞」というものもあります。

「le café」「du café」「un café」の使い分けが出来るようになるには、ネイティブではない翻訳者にとっては相当な経験が必要です。「考えて」ではなく「感覚で」それが可能になるくらいの経験を積むのは、容易なことではありません。

分野で選ぶ 言語で選ぶ その他のサービス ご案内